創立80年を超えて

株式会社小河建築設計事務所は、昨年で創立80周年を迎えることができました。

これはひとえに建築主様はじめ、建物の設計・監理というご縁で関係させて頂いた全ての皆様のご指導とご支援、そして諸先輩の不断の努力によるものと深く感謝いたしております。

このたび、これまでの作品を振り返ることにより、次なる社歴への糧とすることを期してこの記念作品集を編集しました。私どもの歩みを知って頂ければ幸いです。

小河吉之助が大阪に事務所を開設して以来、80年という永い歴史を振り返る時、事務所に保存する数々の建築設計の原図や資料から、高度成長期やバブル期の躍進の時代、オイルショックやバブル崩壊による苦境の時など経済・社会の変化に翻弄されながらも地道に歩んできた足跡が見えます。

公共建築物、企業の社屋や工場、集合住宅や個人住宅、企業団地など数々の設計・監理に携わってきましたが、常に建築主様や利用者様の視点に立ち、さらに建物の社会的存在意義を考えながら業務に取り組んできました。

今世紀に入り成熟、低成長の社会・経済となり、設計・監理する建物の用途や規模、求められる機能やデザインも以前とは大きく変化しました。また、過去に建設された建物を長く維持し、機能を更新するためのリニューアルやリノベーション、耐震改修が求められています。

このような時代にあって、環境負荷軽減や安心安全は最優先で考慮しなければならない与条件となり、また常に経済性を意識した設計が必須です。

このため、技術の進歩や新しいデザイン潮流に敏感であるよう引き続き研鑽を積んでいきます。

そして、あらゆる用途の建物の設計・監理において、常に建築物のあるべき姿を模索しながらベストな解を求めていく所存です。

100周年を見据え、皆様のご期待に添えるよう努力を重ねてまいります。

今後とも私どもに対する一層のご指導、ご支援をお願い申し上げます。

2018年1月

株式会社小河建築設計事務所

代表取締役 瓜生田 尚彦

ABOUT US

代表者挨拶